• 医療ミス・医療過誤・医療事故の法律相談
  • 弁護士紹介
  • 古賀法律事務所・地図・アクセス
  • お問い合わせ

古賀克重法律事務所 医療ミス・医療事故 相談事例・実績

医療ミス・医療過誤・医療事故の法律相談 Home > 医療ミス・医療事故 相談事例・実績

親知らずを抜歯した際、舌神経感覚麻痺が後遺

親知らずを抜歯した際、舌神経感覚麻痺・味覚障害が後遺したケースについて後遺障害14級をベースに約380万円の示談が成立

本件は親知らずを抜歯した後に舌神経感覚麻痺・味覚障害・神経障害性疼痛が後遺したという被害です。

患者は歯科医院の強い勧めで右下奥の親知らず(智歯)を抜歯することにしました。

抜歯直後から舌の痺れを感じたため、数日後に歯科医院に訴えましたが、「麻酔によるものだからしばらく様子を見れば大丈夫」と言われるだけでした。

その後も痺れや痛みが続くため別の医療機関を受診した上、大学病院を紹介してもらって精密検査を受けたところ、「右側舌神経知覚低下」「右側舌味覚障害」と診断されたものです。

約1年間治療を継続して症状固定した後に、私に相談があり損害賠償請求事件として受任しました。

相手方と示談交渉を継続した結果、約380万円にて示談が成立したものです。

抜歯に関連した医療事故はよく見受けられる類型です。抜歯に際して舌神経感覚麻痺が後遺するだけでなく、抜去された歯牙が気道を閉塞して窒息した事案、抜歯に際して下顎骨骨折が生じた事案など様々な類型があります。

「患者にとって予期せぬ結果」=医療ミス・医療過誤ではないため、それぞれの事案に照らして的確に注意義務を構成した上、交渉していくことが求められています。

また歯科事案は日常生活に与える影響が極めて大きいものです。家族と話す、仕事で会話する、食事をする、飲み物を飲む・・いわば1日中、その痛みや麻痺を感じます。そのような苦しみを的確に損害として評価していく作業も必要不可欠といえるでよう。

相談事例・実績一覧